背徳行為ではありますが

既婚者との付き合いというのは背徳行為であるので、してはいけないことというのは常識の範囲内ですので、今さら言うまでもないことです。
既婚者のパートナーからすると、自分の夫を寝取られたのですから、泥棒だという人もいるのでしょうし、それで訴訟を行うケースも存在します。
世間的にみて、既婚者の恋をしているカップルを肯定することはありえません。
肯定するどころか否定する人が圧倒的ですし、悪い行いと見る人が大半だといえるでしょう。
しかし、人間の気持ちというのもは規則で押さえつけることが出来るものではなく、コントロールすることが出来ないというのも理解することは出来ますが、それでも大人の常識で物事を見るひとが一般的ですので、既婚者の恋はしてはいけないことだと言えます。
さらに、既婚者の恋というのは、周囲や家庭を傷つける行いなのでそれあ否定される理由です。
世間というのは、得てしてイジメに関しては厳しい目が向けられるもので、安易に人を傷つけることが最大の理由だと言えます。
大人が行う既婚者の恋というのは、人を不幸にするものです。
しかし当事者二人は盲目的愛を追って、自身の心に正直に生きるなんて正義感に熱くなり、自分に陶酔しているので常識が通用しないのです。
現実逃避をする人の耳に入るわけがないのです。
そして真剣な恋をしていると信じているのは片方のみで、もう一方は遊びだという悲しい関係もあります。
その場合は、得るものはなにもないので、早く我に返ることをオススメします。
既婚者の恋というのは人によっては犯罪行為といえる可能性もあるという事実を理解しておく必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です