不幸な人を作らない

 既婚男性が相手と別れることを決意した時 もし相手が独身女性というケースなら 相手の気持ちになって考えたことがあるでしょうか?別れを決意するというのは パートナーとやり直すということですよね。
現実問題家庭を崩壊させることは出来ないということなのです。
要するに既婚者との恋というのは現実逃避の一環であり、結局現実に立ち戻ることで関係は終わりを迎えます。
はじめから終わりが見えた関係であることが前提であり、結婚している人とお付き合いするということは、相手の奥さんを騙している・傷つけている上で自分だけ楽しむことだと言えます。
だけど最終的には自分の存在が切られてしまう、悪いことをしたら自分に跳ね返ってくるというのが既婚者との恋の現実なのです。
それなのに既婚男性は、この恋愛は本気ではなかったなんて言うんですよね。
その理由は夫婦関係は愛情以外にも、いろいろなしがらみが存在することを示しいています。
男性は自分の身を守るために相手との関係を清算しようとします。
逆に相手の女性は、関係を続けて、離婚してほしいと願ってはいても、面倒なことは嫌というのが本音です。
つまり互いに自分の都合を優先した結果が修羅場に展開するわけなのです。
優しい人だと思っていたのに、離婚すると言ってたのになんて甘い言葉で相手を誑かしつつも、最終的には家庭を捨てられない。
それが既婚男性のパターンなのです。
誰も傷つけることのない既婚者の恋は存在しません。
傷つき不幸な人を作る、恋愛の中で最も重たい雰囲気になってしまうと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です