既婚者の恋愛です

既婚者との恋愛というのは誰でも知っていると言えますが、実際に文章にして説明してみたいと思います。
前提として片方もしくは両方が結婚しているというのが定義となります。
男女ともに独身のケースでは他に本命の相手がいても単なる浮気であり、既婚者の恋には含まれません。
つまり浮気との違いというのは責任の重さだということができます。
浮気はした方が悪いのであり両者の関係が壊れるだけですが結婚している場合は、既婚者の生活自体が壊れてしまう場合があります。
既婚者が別の相手と恋をすることは、それくらいの覚悟がないとしてはいけないのです。
そんな危険を犯して恋愛をしているからこそ、2人の愛が燃え上がるとも言えます。
つまり自分が背徳行為をしていること、相手のことを思っているのに報われないそんなドラマのヒロイン気取りですが、本人は本気でそう思っていたりします。
既婚者の恋は悲劇を生みますがそれゆえロマンチックな気持ちになりますが、実は現実逃避に過ぎないというのを当事者だけが分かっていまいのです。
理解しないようにしているといってもいいですね。
そして既婚者の家庭に浮気がバレた瞬間から修羅場に突入します。
その後の展開としては 全てなかったことにして既婚者の恋を終了させるか、離婚した上で既婚者の恋を実らせるか、もしくは全ての関係が駄目になるかです。
どの展開に陥ったとしても、誰かが傷つくことになります。
まさに泥沼ですね。
それゆえ、既婚者の恋も浮気も、背徳行為であり、綺麗事では済ますことは不可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です