相手のことも理解しよう

私の女友達は、なぜか既婚男性から好意を抱かれることが多いのです。

友達も友達で、たとえ相手に赤ちゃんがいたとしても、積極的に言い寄られると男性を断れず交際してしまうといったこともありました。

しかしその当時は、友達も16歳の高校生です。

交際していた男性は、幼いながらもどこか大人の女性の空気を持った友達にハマっており、リングまで持ってきてそのうち妻とは別れるので待っていて欲しいと、友達に言っていたようです。

しかし友達は当時学生で、相手は妻子ある立場です。
紛れもない不倫関係でしたし、一般的に考えても、男性がおかしいというのは間違いありませんでした。

どこかで罪の意識を感じながらも、自分にお金を使ってくれる交際相手が好きで、友達も男性との付き合いを楽しんでいたのですが、男性の妻から悲痛な声である日電話がきたのです。

妻は、夫には子供がいるのにあなたの物ばかり買って、うちには子供のおむつを買えるだけのお金もないし、子供には父親が必要なのだという涙交じりの内容だったそうです。
電話口では赤ちゃんの泣く声が響き、友達はそれ以来男性との関係を終わらせました。

相手が結婚している場合、バックに妻だけではなく赤ちゃんの生活がかかっているといケースもあるのです。

相手を深く思っていても、妻子ある男性との交際がどういうものかは、予め理解してから決意を固めて、交際をするべきなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です