抵抗を感じなかったわけ

普段は内勤のOLの私。
異性との出会いのチャンスが無い職場でしたから、メル友サイトを利用して男性を探す事も考えていました。
話の合ういそうな女性の同僚も居なくて、昼休みはなるだけ1人で外食が定番です。
少しでも外の空気を吸いたかったのです。
馴染みの喫茶店は毎日、ほぼ同じ顔触れがランチに来ているのですが、その中に40代の男性のお客さんが居たのです。
カウンタ-席にテ-ブルが少しだけの狭い店はいつも満員でした。

なんとなく顔見知りだったので、顔を合わせれば「最近忙しい?」「仕事の調子は?」「休日は何してるの?」といった何でもない会話は交わしていたのです。
そんなある日、結構雨が本降りのランチタイムに、店内の客が彼と私だけになった時間帯が出来たのです。
いつも通りの軽い会話で食事を終え、職場に戻ろうとした時、「今度食事ご一緒いかがですか?」って誘われたんです。
食事くらいなら、ってOKして、ご一緒する事になったんです。

当時の私は彼氏も居なくって、週末は寂しく1人で過ごすばかりでしたから、退屈凌ぎくらいに思っていました。
当日も色んな話をしたのですが、彼は私より1回り年上ですから、やはり落ち着いて頼りがいがありそうな雰囲気でした。
だけど彼が既婚者だとは思っていませんでした。
実はそれを知ったのは、お付き合いが始まって数ヵ月後の事だったのです。

これって不倫?・・・そんな風に一瞬想いましたが、あくまで彼の自然な立ちふるまいを思えば、そんな事は気にもなりませんでした。
結局今も交際は続いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です